車を安全に運転する方法とは

グリーンの車

車の買い替え動機

白い車

「十年一昔」などとよく言いますが、私が今 乗っている車は、購入から10年が過ぎて11年になろうとしています

つまり、私の愛車は昔の車になるわけですw

確かに古くなりました
同じ車を見かけることはほとんどなくなりましたし
時々、街で同じ車を見ると「あ!あの車まだ走ってる!」などと、自分のことはさて置いて驚くくらいですw

とはいえ、今は新車ばかりではなく古い車もよく走っていますよね
なんでも、車の平均使用年数は約12年なのだとか
私は、まだ1年以上余裕がありましたw

これだけの年数を乗れるということは、つまり、車が丈夫であるということでもあります
日本では中古車として販売することが困難な車も、海外に持っていけば十分現役で走れるなんて話をテレビで見たことがあります
そこでは「なぜ、まだ乗れるのに日本人は新車を買うのか?」と疑問を口にする外国人もいました

確かに、車の買い替えは故障が全てではないですよね
「エンジンが不調なので」というのは一番わかりやすい理由ですが、ほとんどの人はそうではないでしょう

ではなぜ買い替えるのか?

それは、古い車に乗ってることへの「気恥ずかしさ」ではないでしょうか
近所が新車だらけだとしたら、買い替えなくてはいけないようなプレッシャーさえ感じるはずです

それと今なら「燃費」でしょうか
10年前の車と比較して、全ての車種ではないですが、リッターで3倍くらいの差があります

ただ、頻繁に長距離で車を利用しない私にとって、燃費は買い替えの理由にはなりません
それよりもデザインですね
今の車は、個性的なデザインが減っているように感じます

かつては、トヨタの2000GTや日産の初代フェアレディZなど、現在でもファンが多い個性的で美しいデザインの車がありました
この2車種は海外でも大人気で、2000GTはアメリカのオークションで115万ドルで落札されたほどです
復刻版の2000GTを発売したら、大人気になるのは間違いないでしょう

燃費競争もいいですが、そろそろ自動車メーカーもデザインを重視した車を出してもいいのではないでしょうか

自動車ショーで発表されるコンセプトカーをそのまま発売するとか
思わず買い替えたくなるような、個性的なデザインの新車の登場を期待したいところです

INFORMATION

車の買い替え動機

白い車

「十年一昔」などとよく言いますが、私が今 乗っている車は、購入から10年が過ぎて11年になろうとしていますつまり、私の愛車は昔の車になるわ…

read more...

ミニバンのマルチパーパス性能に感動!

かっこいい車

車を選ぶにあたっては、安全性能、走行性能、経済性、ファッション性、ステータス性などたくさんのポイントがありますが、私がもっとも重視するのは、マルチパーパス…

read more...

ハイブリッドカーの魅力

シルバーの車

私はホンダのフィットハイブリッドに乗っています。言わずと知れたハイブリッドカーでありますが、フィットが誇るハイブリッドの魅力について紹介したいと思…

read more...

妹のハスラーに試乗

綺麗な車

妹がスズキの新型軽自動車「ハスラー」を購入したので、半ば強引に試乗させてもらいました。私は以前スズキの軽自動車ジムニーに乗っていたのですが、どこと…

read more...

TOP